日和 良介

日和 良介

hiwa_s
  • 日和 良介 (ひわ りょうすけ)
  • 助教
  • 資格
    日本内科学会 総合内科専門医,内科指導医
    日本リウマチ学会専門医・指導医

ひとこと

臨床面:総合的に患者さんを診ることを基本にしながら、専門的な膠原病診療を行うことをモットーとしています。

研究面:膠原病・自己免疫疾患の原因を解明する一助になれたらと思います。患者さんの診断・治療につながる研究を目指します。

研究主題

  • 核内受容体NR4AファミリーによるB細胞、T細胞免疫寛容の制御機構の解明

  • 顕微鏡的多発血管炎/MPO-ANCAとHLAクラスII分子との関連

  • 関節リウマチにおける、リウマトイド因子(RF)と抗CCP抗体の変動

略歴

2007年 神戸大学医学部卒業
2007年 天理よろづ相談所病院 ジュニアレジデント
2009年 天理よろづ相談所病院 内科ローテイトコースシニアレジデント
2011年 天理よろづ相談所病院 チーフレジデント
2012年 京都大学大学院医学研究科 臨床免疫学入学
2016年 京都大学医学部 臨床免疫学 研究生
2017年 京都大学医学部附属病院 免疫・膠原病内科 医員
2018年
カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)博士研究員
2021年 京都大学医学部附属病院 免疫・膠原病内科 助教

現在に至る

受賞歴

2022年 京都健康管理研究会研究助成

2021年 清水免疫学・神経科学振興財団研究助成

      京都大学若手研究者スタートアップ研究費

2020年 公益財団法人 上原記念生命科学財団“海外留学助成金”

2018年 グラクソ・スミスクライン株式会社, “GSKジャパン研究助成”

            日本リウマチ財団, 国際学会におけるリウマチ性疾患調査・研究発表助成 (EULAR)

2016年 The 13th International Workshop on Autoantibodies and Autoimmunity, Award for Exceptional Abstract and Presentation

               日本リウマチ学会第60回学術集会国際ワークショップ(IW)賞

2015年 第44回日本免疫学会 Ursula and Fritz Melchers Travel Award

              第44回日本免疫学会 ベストプレゼンテーション賞

              第43回日本臨床免疫学会 優秀ポスター賞

2013年 日本リウマチ学会第57回学術集会国際ワークショップ(IW)賞

              日本リウマチ財団 国際学会におけるリウマチ性疾患調査・研究発表助成(ACR)

代表的な業績

  1. Hiwa R, Brooks JF, Mueller JL, Nielsen HV, Zikherman J. NR4A nuclear receptors in T and B lymphocytes: Gatekeepers of immune tolerance. Immunol Rev. 2022 Feb 17. doi: 10.1111/imr.13072. Online ahead of print.
  2. Hiwa R, Nielsen HV, Mueller JL, Mandla R, Zikherman J. NR4A family members regulate T cell tolerance to preserve immune homeostasis and suppress autoimmunity. JCI Insight. 2021;6(17):e151005.
  3. Brooks JF, Tan C, Mueller JL, Hibiya K, Hiwa R, Vykunta V, Zikherman J. Negative feedback by NUR77/Nr4a1 restrains B cell clonal dominance during early T-dependent immune responses. Cell Reports. 2021;36(9):109645.
  4. Tan C*, Hiwa R*, Mueller J, Vykunta V, Hibiya K, Noviski M, Huizar J, Brooks J, Garcia J, Heyn C, Li Z, Marson A, Zikherman J. NR4A nuclear receptors restrain B cell responses to antigen when second signals are absent or limiting. Nat Immunol. 2020;21(10):1267-79. *Contributed equally
  5. Kawahara R, Nakabo S, Shimizu M, Yamamoto H, Sasai T, Nishida Y, Funakoshi S, Gon Y, Taniguchi M, Nakajima T, Hiwa R, Hashimoto M, Tomizawa T, Azukizawa M, Nishitani K, Murata K, Tanaka M, Ito H, Mimori T, Fujii Y. Feasibility of patient-oriented ultrasound joint selection: Cross-sectional observational study on rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2020;30(6):975-81.
  6. Hiwa R, Ikari K, Ohmura K, Nakabo S, Matsuo K, Saji H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Taniguchi A, Yamanaka H, Matsuda F, Mimori T and Terao C. HLA-DRB1 Analysis Identified a Genetically Unique Subset within Rheumatoid Arthritis and Distinct Genetic Background of Rheumatoid Factor Levels from Anticyclic Citrullinated Peptide Antibodies. J Rheumatol. 2018;45(4):470-480.
  7. Kochi Y, Kamatani Y, Kondo Y, Suzuki A, Kawakami E, Hiwa R, Momozawa Y, Fujimoto M, Jinnin M, Tanaka Y, Kanda T, Cooper RG, Chinoy H, Rothwell S, Lamb JA, Vencovský J, Mann H, Ohmura K, Myouzen K, Ishigaki K, Nakashima R, Hosono Y, Tsuboi H, Kawasumi H, Iwasaki Y, Kajiyama H, Horita T, Ogawa-Momohara M, Takamura A, Tsunoda S, Shimizu J, Fujio K, Amano H, Mimori A, Kawakami A, Umehara H, Takeuchi T, Sano H, Muro Y, Atsumi T, Mimura T, Kawaguchi Y, Mimori T, Takahashi A, Kubo M, Kohsaka H, Sumida T, Yamamoto K. Splicing variant of WDFY4 augments MDA5 signalling and the risk of clinically amyopathic dermatomyositis.  Ann Rheum Dis. 2018;77(4):602-611.
  8. Hiwa R, Ohmura K, Arase N, Jin H, Hirayasu K, Kohyama M, Suenaga T, Saito F, Terao C, Atsumi T, Iwatani H, Mimori T and Arase H. Myeloperoxidase/HLA Class II complexes recognized by autoantibodies in microscopic polyangiitis. Arthritis Rheumatol. 2017;69(10):2069-80.
  9. Hiwa R, Ohmura K, Nakabo S, Terao C, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Hashimoto M, Furu M, Ito H, Fujii T and Mimori T. Only rheumatoid factor-positive subset of anti-citrullinated peptide/protein antibody-negative rheumatoid arthritis may seroconvert to anti-citrullinated peptide/protein antibody-positive. Int J Rheum Dis.2017;20(6):731-736.
  10. Jin H, Arase N, Hirayasu K, Kohyama M, Suenaga T, Saito F, Tanimura K, Matsuoka S, Ebina K, Shi K, Toyama-Sorimachi N, Yasuda S, Horita T, Hiwa R, Takasugi K, Ohmura K, Yoshikawa H, Saito T, Atsumi T, Sasazuki T, Katayama I, Lanier LL and Arase H. Autoantibodies to IgG/HLA class II complexes are associated with rheumatoid arthritis susceptibility. Proc Natl Acad Sci U S A 2014;111(10):3787-92.
  11. Fan X, Yoshida Y, Honda S, Matsumoto M, Sawada Y, Hattori M, Hisanaga S, Hiwa R, Nakamura F, Tomomori M, Miyagawa S, Fujimaru R, Yamada H, Sawai T, Ikeda Y, Iwata N, Uemura O, Matsukuma E, Aizawa Y, Harada H, Wada H, Ishikawa E, Ashida A, Nangaku M, Miyata T, Fujimura Y. Analysis of genetic and predisposing factors in Japanese patients with atypical hemolytic uremic syndrome. Mol Immunol. 2013;54(2):238-46

【日本語論文】

  1. 日和 良介,三森 経世.【意識障害患者を診る】 意識障害を来す疾患の診療 膠原病. 臨牀と研究.2017;94(9):1125-1128.
  2. 日和良介,荒瀬尚.HLA多型と自己免疫疾患.臨床免疫・アレルギー科.2016;65(1): 72 – 77.
  3. 日和良介,荒瀬尚.ミスフォールド蛋白質と MHC クラス II 分子の複合体は,自己抗体の標的である.日本臨床免疫学会会誌.2016;39(1): 78 – 83.
  4. 大村浩一郎, 日和良介,荒瀬尚.新規自己抗体産生機序 ~ ミスフォールドタンパクのMHC class IIによる抗原提示 ~日本臨床免疫学会会誌.2014;37(6): 462 -467.
  5. 日和良介,中嶋蘭,三森経世.関節リウマチ発症のリスク因子としてのリウマトイド因子.リウマチ科.2013;50(2): 246.

ページトップへ