田淵 裕也

田淵 裕也

  • 田淵 裕也 (たぶち ゆうや)
  • 医員
  • 資格

    日本リウマチ学会登録ソノグラファー

    EULAR Online Introductory Ultrasound Course 修了

ひとこと

リウマチ性疾患(膠原病)のトータルケアの進歩に少しでも寄与出来ればと思っております。

研究主題

1.脊椎関節炎モデルマウスと自然リンパ球

2.リウマチ性疾患のエコー

3.リウマチ性疾患の診断・治療の最適化

略歴

平成22年3月 京都大学医学部医学科 卒業
平成22年4月 – 平成24年3月 田附興風会医学研究所北野病院 初期研修医
平成24年4月 – 平成27年3月 田附興風会医学研究所北野病院 リウマチ膠原病内科 後期研修医
平成27年4月 – 平成31年3月  京都大学大学院医学研究科 臨床免疫学 大学院生
平成27年4月 – 7月 大阪赤十字病院 リウマチ・膠原病内科 嘱託医員
平成31年4月 –  京都大学大学院医学研究科 臨床免疫学 研究生

令和2年4月 –

京都大学大学院医学研究科 臨床免疫学 医員

原著論文

  1. Tanaka Y, Kuwana M, Fujii T, Kameda H, Muro Y, Fujio K, Itoh Y, Yasuoka H, Fukaya S, Ashihara K, Hirano D, Ohmura K, Tabuchi Y, Hasegawa H, Matsumiya R, Shirai Y, Ogura T, Tsuchida Y, Ogawa-Momohara M, Narazaki H, Inoue Y, Miyagawa I, Nakano K, Hirata S, Mori M. 2019 Diagnostic criteria for mixed connective tissue disease (MCTD): From the Japan research committee of the ministry of health, labor, and welfare for systemic autoimmune diseases. Mod Rheumatol. 2020 Jan 7:1-5. doi:10.1080/14397595.2019.1709944. [Epub ahead of print]
  2. Ishibashi M, Honda T, Tabuchi Y, Kabashima K. Polyenthesitis during treatment with dupilumab for atopic dermatitis. J Eur Acad Dermatol Venereol. 2020 Jan 28. doi: 10.1111/jdv.16239. [Epub ahead of print]
  3. Ikeuchi R, Sunada T, Yoshikawa T, Yoshida T, Tabuchi Y, Kajita Y, Segawa T. Reactive arthritis during the second course of intravesical BCG therapy requiring administration of methotrexate : a case report. Hinyokika Kiyo. 2017 Aug;63(8):329-332. doi: 10.14989/ActaUrolJap_63_8_329. Review. Japanese.
  4. Fujita M, Tabuchi Y, Yagita M. Successful treatment of refractory giant cell arteritis with etanercept. Rheumatol Int. 2016 Aug;36(8):1177-9. doi: 10.1007/s00296-016-3521-4.

受賞歴

2020年 

  • EULAR Poster Tour CTLA4-Ig decreases Th17 cell levels but maintains ILC3s with an increase in the ILC3/ILC1 ratio in the gut of SKG mice as a model of spondyloarthritis.
  • 日本脊椎関節炎学会 一般演題優秀賞

2019年 

  • 日本脊椎関節炎学会 優秀演題 乾癬患者での関節エコーを用いたDoppler評価による無症候性乾癬性関節炎所見の検出頻度とその臨床的意義の検討

2018年 

  • JCR APLAR Travel Grant The high prevalence of sonographic PsA in a cohort of Japanese psoriasis patients with and without MSK pain.

学会発表

  • 2013年度日本リウマチ学会ポスター発表「骨髄異形成症候群を合併するインフリキシマブ二次無効の腸管ベーチェット病においてG-CSF製剤投与下にアダリムマブを継続し、臨床的及び内視鏡画像的寛解を認めた1例
  • 2015年度日本リウマチ学会ポスター発表「SLEに伴う重症ITPの寛解導入における高用量タクロリムスの有効性―自験連続3例の分析―」
  • 日本リウマチ学会 APLAR2018 トラベルグラント「The high prevalence of sonographic psoriatic arthritis in a cohort of psoriasis patients with and without musculoskeletal pain in Japan.」

ページトップへ