夜久 愛

夜久 愛

  • 夜久 愛 (やく あい)
  • 資格
    日本内科学会内科認定医、総合内科専門医

略歴

平成22年 神戸大学医学部卒業
平成22年 洛和会音羽病院 初期研修医
平成24年 天理よろづ相談所病院
内科ローテイトコースシニアレジデント
平成27年 京都大学大学院医学研究科臨床免疫学入学、現在に至る

ひとこと

診療の発展に寄与できるような研究を行っていきたいと思います。

 

代表的な業績

  1. Nakatsuka Y, Yaku A, Handa T, Vandenbon A, Hikichi Y, Motomura Y, Sato A, Yoshinaga M, Tanizawa K, Watanabe K, Hirai T, Chin K, Suzuki Y, Uehata T, Mino T, Tsujimura T, Moro K, Takeuchi O, Profibrotic function of pulmonary group 2 innate lymphoid cells is controlled by Regnase-1. Eur Respir J. 2020;25:2000018.
  2. Yaku A, Murakami K, Mukoyama H, Shibuya S, Nakashima R, Hashimoto M, Yoshifuji H, Ohmura K, Haga H, Mimori T, Long QT syndrome caused by adrenal insufficiency secondary to IgG4-related hypophysitis: a case report and review of the literature. Modern Rheumatology Case Reports, Volume 3, 2019 – Issue 2
  3. Yaku A, Hashimoto M, Furu M, Ito H, Yamakawa N, Yamamoto W, Fujii T, Matsuda F, Mimori T, Terao C. Relationship between handedness and joint involvement in rheumatoid arthritis. Sci Rep.2016 Dec 15;6:39180.
  4. Kageyama T, Isohisa A, Mori N, Suenaga T, Contrast-enhanced magnetic resonance imaging in carbamazepine-induced aseptic meningitis. Cephalalgia 2015;35(14):1333.

受賞歴

2022年 JCR2022 国際ワークシップ優秀演題賞 (第66回日本リウマチ学会)

2021年 藤原記念財団研究奨励金 
    Ursula and Fritz Melchers Travel Award (第50回日本免疫学会)

2020年 日本学術振興会特別研究員(DC2)

2019年 GSKジャパン研究助成

2016年 京都大学教育研究振興財団国際研究集会助成金

    ヨーロッパリウマチ学会(EULAR) Travel Bursary

2013年 米国内科学会日本支部助成金

 

ページトップへ