吉藤 元 講師

吉藤 元 講師

dr_yoshifuji_s
  • 吉藤 元 (よしふじ はじめ)
  • 石川県金沢市出身

研究主題

  • 患者サンプルを用いた多層的解析による自己免疫疾患の病因・病態の解明

  • 高安動脈炎・巨細胞性動脈炎の病因・病態の解明および治療法の改良

  • IgG4関連疾患の病因・病態の解明および治療法の改良

  • 再発性多発軟骨炎・キャッスルマン病の病因・病態の解明および治療法の改良

資格

1997 年 5 6 日    医師免許(第389463号)

2000 年 9 22 日    日本内科学会認定医(第17398号)

2005 年 11 24 日    京都大学医学博士(第2918号)

2006 年 3 1 日    日本リウマチ学会専門医(第4250号)

2016 年 12 16 日    日本内科学会総合内科専門医(第24124号)

2018 年 2 14 日    日本臨床免疫学会免疫療法認定医(JSCI-NI-0108

所属学会

日本内科学会 指導医(2007年9月1日~)
日本リウマチ学会 評議員(2011年7月18日~)・指導医(第1978号、2015年3月1日~)
日本IgG4関連疾患学会 理事(2019年9月1日~)
日本肺高血圧・肺循環学会 評議員(2016年41日~)
米国リウマチ学会 International Member(2019年9月5日~)
日本臨床免疫学会
日本シェーグレン症候群学会  
日本免疫学会  
日本炎症・再生医学会  

社会における活動

  • あけぼの会(大動脈炎症候群友の会) オブザーバー(2005年9月10日~2019年2月27日) (2019年2月27日、会自体が休止)
  • HORP(再発性多発軟骨炎患者会) 顧問(2014年4月7日~)
  • Arthritis & Rheumatology日本語版(ワイリー・パブリッシング・ジャパン株式会社) 編集協力者(2020624日~)

ひとこと

吉藤および医師数名、実験助手からなるチームの目標は、希少難病である全身性自己免疫疾患の患者さんが、正しく迅速に診断され、有効性の高い治療を受けられ、医療者・家族・行政・社会により支えられることです。複数施設の研究者の協力を得て、臨床研究と基礎研究を組み合わせ、成果を世界に発信しています。

吉藤は、高安動脈炎・再発性多発軟骨炎・キャッスルマン病の患者会のお手伝い役を務め、各イベントにおいて患者相談に対応しております。日頃の外来診療ではなかなか時間が取れませんが、相談会では患者さんのお悩みや疑問に可能な限り答えたく存じます。

略歴

1997年3月 京都大学医学部医学科 卒業
1997年5月 京都大学医学部附属病院 第2内科 研修医
1998年6月 市立岸和田市民病院 代謝内分泌内科 研修医
2000年4月 京都大学大学院医学研究科 博士課程 内科学講座臨床免疫学 入学
2004年3月 同上博士課程 修了
2004年4月 京都大学医学部附属病院 免疫・膠原病内科 医員
2006年8月 同上 特定病院助教
2008年6月 (米国ニューヨーク) ファインスタイン医学研究所 自己免疫・筋骨格疾患センター 研究員 勤務
2010年8月 京都大学大学院医学研究科 内科学講座臨床免疫学(免疫・膠原病内科) 助教
2014年 6 同上 病院講師
2020年 8月 同上 講師
現在    に至る

代表的な業績

原著論文一覧(英文) (すべて査読あり)
  1. Kawabata D, Tanaka M, Fujii T, Umehara H, Fujita Y, Yoshifuji H, Mimori T, Ozaki S. Ameliorative effects of follistatin-related protein/TSC-36/FSTL1 on joint inflammation in a mouse model of arthritis. Arthritis Rheum 50 (2): 660-8, 2004

  2. Yoshifuji H(責任著者), Umehara H, Maruyama H, Itoh M, Tanaka M, Kawabata D, Fujii T, Mimori T. Amelioration of experimental arthritis by a calpain-inhibitory compound: regulation of cytokine production by E-64-d in vivo and in vitro. Int Immunol 17 (10): 1327-36, 2005 (★学位論文)

  3. Yoshifuji H(責任著者), Fujii T, Kobayashi S, Imura Y, Fujita Y, Kawabata D, Usui T, Tanaka M, Nagai S, Umehara H, Mimori T. Anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibodies in clinical course prediction of interstitial lung disease complicated with idiopathic inflammatory myopathies. Autoimmunity 39 (3): 233-41, 2006

  4. Murakami K, Fujii T, Yukawa N, Yoshifuji H, Kawabata D, Tanaka M, Usui T, Mimori T. Successful treatment of a patient with refractory adult Still’s disease by tacrolimus. Mod Rheumatol 17 (2): 167-70, 2007

  5. Ito Y, Kawabata D, Yukawa N, Yoshifuji H, Usui T, Tanaka M, Fujii T, Mimori T. Severe subcutaneous generalized edema in a patient with dermatomyositis. Mod Rheumatol 17 (2): 171-3, 2007

  6. Mimori T, Imura Y, Nakashima R, Yoshifuji H. Autoantibodies in idiopathic inflammatory myopathy: an update on clinical and pathophysiological significance. Curr Opin Rheumatol 19 (6): 523-9, 2007

  7. Nakayamada S, Saito K, Umehara H, Ogawa N, Sumida T, Ito S, Minota S, Nara H, Kondo H, Okada J, Mimori T, Yoshifuji H, Sano H, Hashimoto N, Sugai S, Tanaka Y. Efficacy and safety of mizoribine for the treatment of Sjogren’s syndrome: a multicenter open-label clinical trial. Mod Rheumatol 17 (6): 464-9, 2007

  8. Ito Y, Usui T, Kobayashi S, Iguchi-Hashimoto M, Ito H, Yoshitomi H, Nakamura T, Shimizu M, Kawabata D, Yukawa N, Hashimoto M, Sakaguchi N, Sakaguchi S, Yoshifuji H, Nojima T, Ohmura K, Fujii T, Mimori T. Gamma/delta T cells are the predominant source of interleukin-17 in affected joints in collagen-induced arthritis, but not in rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 60 (8): 2294-303, 2009

  9. Nakashima R, Imura Y, Kobayashi S, Yukawa N, Yoshifuji H, Nojima T, Kawabata D, Ohmura K, Usui T, Fujii T, Okawa K, Mimori T. The RIG-I-like receptor IFIH1/MDA5 is a dermatomyositis-specific autoantigen identified by the anti-CADM-140 antibody. Rheumatology (Oxford) 49 (3): 433-40, 2010

  10. Venkatesh J, Yoshifuji H, Kawabata D, Chinnasamy P, Stanevsky A, Grimaldi CM, Cohen-Solal J, Diamond B. Antigen is required for maturation and activation of pathogenic anti-DNA antibodies and systemic inflammation. J Immunol 186 (9): 5304-12, 2011 (★米国留学先での業績)

  11. Iguchi-Hashimoto M, Usui T, Yoshifuji H, Shimizu M, Kobayashi S, Ito Y, Murakami K, Shiomi A, Yukawa N, Kawabata D, Nojima T, Ohmura K, Fujii T, Mimori T. Overexpression of a Minimal Domain of Calpastatin Suppresses IL-6 Production and Th17 Development via Reduced NF-κB and Increased STAT5 Signals. PLoS One 6 (10): e27020, 2011

  12. Yukawa N, Fujii T, Kondo-Ishikawa S, Yoshifuji H, Kawabata D, Nojima T, Ohmura K, Usui T, Mimori T. Correlation of antinuclear antibody and anti-double-stranded DNA antibody with clinical response to infliximab in patients with rheumatoid arthritis: a retrospective clinical study. Arthritis Res Ther 13 (6): R213, 2011.

  13. Murakami K, Tanaka M, Usui T, Kawabata D, Shiomi A, Iguchi-Hashimoto M, Shimizu M, Yukawa N, Yoshifuji H, Nojima T, Ohmura K, Fujii T, Umehara H, Mimori T. Follistatin-related protein/follistatin-like 1 evokes an innate immune response via CD14 and toll-like receptor 4. FEBS Lett 586 (4): 319-24, 2012

  14. Imura Y, Shirai Y, Nojima T, Nakashima R, Yamagata H, Miyachi K, Yoshifuji H, Kawabata D, Ohmura K, Usui T, Fujii T, Mimori T. NEFA/nucleobindin-2 is a target autoantigen of the anti-Wa antibody and is associated with transfer RNA. Mod Rheumatol 22 (5): 685-94, 2012

  15. Kiyama K, Kawabata D, Hosono Y, Kitagori K, Yukawa N, Yoshifuji H, Omura K, Fujii T, Mimori T. Serum BAFF and APRIL levels in patients with IgG4-related disease and their clinical significance. Arthritis Res Ther 14 (2): R86, 2012

  16. Nakano M, Fujii T, Hashimoto M, Yukawa N, Yoshifuji H, Ohmura K, Nakaizumi A, Mimori T. Type I interferon induces CX3CL1 (fractalkine) and CCL5 (RANTES) production in human pulmonary vascular endothelial cells. Clin Exp Immunol 170 (1): 94-100, 2012

  17. Kitai Y, Murakami K, Yoshifuji H, Yukawa N, Kawabata D, Ohmura K, Fujii T, Mimori T. A case of Behçet’s disease developing after poststreptococcal acute glomerulonephritis. Mod Rheumatol 23 (6): 1221-5, 2013

  18. Terao C, Hashimoto M, Yamamoto K, Murakami K, Ohmura K, Nakashima R, Yamakawa N, Yoshifuji H, Yukawa N, Kawabata D, Usui T, Yoshitomi H, Furu M, Yamada R, Matsuda F, Ito H, Fujii T, Mimori T. Three groups in the 28 joints for rheumatoid arthritis synovitis–analysis using more than 17,000 assessments in the KURAMA database. PLoS One 8 (3): e59341, 2013

  19. Katayama M, Ohmura K, Yukawa N, Terao C, Hashimoto M, Yoshifuji H, Kawabata D, Fujii T, Iwakura Y, Mimori T. Neutrophils are essential as a source of IL-17 in the effector phase of arthritis. PLoS One 8 (5): e62231, 2013 

  20. Tsuji H, Yoshifuji H, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Ohmura K, Miyagawa-Hayashino A, Kabashima K, Mimori T. Sweet’s syndrome associated with systemic lupus erythematosus: A case report and review of the literature. J Dermatol 40 (8): 641-8, 2013

  21. Kawabata H, Kadowaki N, Nishikori M, Kitawaki T, Kondo T, Ishikawa T, Yoshifuji H, Yamakawa N, Imura Y, Mimori T, Matsumura Y, Miyachi Y, Matsubara T, Yanagita M, Haga H, Takaori-Kondo A. Clinical features and treatment of multicentric castleman’s disease: a retrospective study of 21 Japanese patients at a single institute. J Clin Exp Hematop 53 (1): 69-77, 2013

  22. Terao C, Yoshifuji H, Kimura A, Matsumura T, Ohmura K, Takahashi M, Shimizu M, Kawaguchi T, Chen Z, Naruse TK, Sato-Otsubo A, Ebana Y, Maejima Y, Kinoshita H, Murakami K, Kawabata D, Wada Y, Narita I, Tazaki J, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Ogawa S, Komuro I, Nagai R, Yamada R, Tabara Y, Isobe M, Mimori T, Matsuda F. Two Susceptibility Loci to Takayasu Arteritis Reveal a Synergistic Role of the IL12B and HLA-B Regions in a Japanese Population. Am J Hum Genet 93 (2): 289-97, 2013

  23. Terao C, Yoshifuji H, Ohmura K, Murakami K, Kawabata D, Yurugi K, Tazaki J, Kinoshita H, Kimura A, Akizuki M, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Miura Y, Maekawa T, Saji H, Mimori T, Matsuda F. Association of Takayasu arteritis with HLA-B 67:01 and two amino acids in HLA-B protein. Rheumatology (Oxford) 52 (10): 1769-74, 2013

  24. Tsuboi H, Asashima H, Takai C, Hagiwara S, Hagiya C, Yokosawa M, Hirota T, Umehara H, Kawakami A, Nakamura H, Sano H, Tsubota K, Ogawa Y, Takamura E, Saito I, Inoue H, Nakamura S, Moriyama M, Takeuchi T, Tanaka Y, Hirata S, Mimori T, Yoshifuji H, Ohta A, Matsumoto I, Sumida T. Primary and secondary surveys on epidemiology of Sjögren’s syndrome in Japan. Mod Rheumatol 24(3):464-70, 2014

  25. Yamakawa N, Fujimoto M, Kawabata D, Terao C, Nishikori M, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Ohmura K, Fujii T, Kitano T, Kondo T, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Saji H, Takaori-Kondo A, Matsuda F, Haga H, Mimori T. A clinical, pathological, and genetic characterization of methotrexate-associated lymphoproliferative disorders. J Rheumatol 41 (2): 293-9, 2014

  26. Tanaka K, Terao C, Ohmura K, Takahashi M, Nakashima R, Imura Y, Yoshifuji H, Yukawa N, Usui T, Fujii T, Mimori T, Matsuda F. Significant association between CYP3A5 polymorphism and blood concentration of tacrolimus in patients with connective tissue diseases. J Hum Genet 59 (2): 107-9, 2014

  27. Terao C, Hashimoto M, Furu M, Nakabo S, Ohmura K, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Matsuda F, Ito H, Fujii T, Mimori T. Inverse association between air pressure and rheumatoid arthritis synovitis. PLoS One 9 (1): e85376, 2014

  28. Yokoyama T, Fujii T, Kondo-Ishikawa S, Yamakawa N, Nakano M, Yukawa N, Yoshifuji H, Ohmura K, Mimori T. Association between anti-U1 ribonucleoprotein antibodies and inflammatory mediators in cerebrospinal fluid of patients with neuropsychiatric systemic lupus erythematosus. Lupus 23(7):635-642, 2014

  29. Terao C, Yoshifuji H, Mimori T. Recent advances in Takayasu arteritis. Int J Rheum Dis 17 (3): 238-47, 2014

  30. Yamamoto N, Yamaguchi H, Ohmura K, Yokoyama T, Yoshifuji H, Yukawa N, Kawabata D, Fujii T, Morita S, Nagata S, Mimori T. Serum milk fat globule epidermal growth factor 8 elevation may subdivide systemic lupus erythematosus into two pathophysiologically distinct subsets. Lupus 23 (4): 386-94, 2014

  31. Tsuji H, Yoshifuji H(責任著者), Fujii T, Matsuo T, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Ohmura K, Sumiyoshi S, Mimori T. Visceral disseminated varicella zoster virus infection after rituximab treatment for granulomatosis with polyangiitis. Mod Rheumatol, 27:1-7, 2014

  32. Nakajima T, Kawabata D, Nakabo S, Miyagawa-Hayashino A, Yukawa N, Yoshifuji H, Ohmura K, Fujii T, Mimori T. Successful treatment with tocilizumab in a case of intralymphatic histiocytosis associated with rheumatoid arthritis. Intern Med 53 (19):2255-8, 2014

  33. Shiheido H, Kitagori K, Sasaki C, Kobayashi S, Aoyama T, Urata K, Oku T, Hirayama Y, Yoshitomi H, Hikida M, Yoshifuji H, Mimori T, Watanabe T, Shimizu J. Human T cells expressing BEND3 on their surface represent a novel subpopulation that preferentially produces IL-6 and IL-8. Immun Inflamm Dis 2(1):35-43, 2014

  34. Ogata A, Atsumi T, Fukuda T, Hirabayashi Y, Inaba M, Ishiguro N, Kai M, Kawabata D, Kida D, Kohsaka H, Matsumura R, Minota S, Mukai M, Sumida T, Takasugi K, Tamaki S, Takeuchi T, Ueda A, Yamamoto K, Yamanaka H, Yoshifuji H, Nomura A; Musashi Study Investigators. Sustainable Efficacy of Switching From Intravenous to Subcutaneous Tocilizumab Monotherapy in Patients With Rheumatoid Arthritis. Arthritis Care Res (Hoboken) 67(10):1354-62, 2015

  35. Terao C, Matsumura T, Yoshifuji H, Kirino Y, Maejima Y, Nakaoka Y, Takahashi M, Amiya E, Tamura N, Nakajima T, Origuchi T, Horita T, Matsukura M, Kochi Y, Ogimoto A, Yamamoto M, Takahashi H, Nakayamada S, Saito K, Wada Y, Narita I, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Ohmura K, Atsumi T, Tanemoto K, Miyata T, Kuwana M, Komuro I, Tabara Y, Ueda A, Isobe M, Mimori T, Matsuda F. Takayasu arteritis and ulcerative colitis: high rate of co-occurrence and genetic overlap. Arthritis Rheumatol 67(8):2226-32, 2015

  36. Kiyama K, Yoshifuji H(責任著者), Kandou T, Hosono Y, Kitagori K, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Ohmura K, Fujii T, Kawabata D, Mimori T. Screening for IgG4-type anti-nuclear antibodies in IgG4-related disease. BMC Musculoskelet Disord 16(1):129, 2015

  37. Nakatsuka Y, Handa T, Nakamoto Y, Nobashi T, Yoshihuji H, Tanizawa K, Ikezoe K, Sokai A, Kubo T, Hirai T, Chin K, Togashi K, Mimori T, Mishima M. Total lesion glycolysis as an IgG4-related disease activity marker. Mod Rheumatol 25(4):579-84, 2015

  38. Kono M, Miura N, Fujii T, Ohmura K, Yoshifuji H, Yukawa N, Imura Y, Nakashima R, Ikeda T, Umemura S, Miyatake T, Mimori T. Personal Authentication Analysis Using Finger-Vein Patterns in Patients with Connective Tissue Diseases-Possible Association with Vascular Disease and Seasonal Change. PLoS One 10(12):e0144952, 2015

  39. Terao C, Yoshifuji H, Nakajima T, Yukawa N, Matsuda F, Mimori T. Ustekinumab as a therapeutic option for Takayasu arteritis: from genetic findings to clinical application. Scand J Rheumatol 45(1):80-82, 2016

  40. Yoshifuji H(責任著者). Biomarkers and Autoantibodies of Interstitial Lung Disease with Idiopathic Inflammatory Myopathies. Clin Med Insights Circ Respir Pulm Med 9(Suppl 1):141-6, 2016

  41. Hiramatsu S, Ohmura K, Tsuji H, Kawabata H, Kitano T, Sogabe A, Hashimoto M, Murakami K, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Fujii T, Takaori-Kondo A, Mimori T. Successful treatment by rituximab in a patient with TAFRO syndrome with cardiomyopathy. Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi 39(1):64-71, 2016

  42. Terao C, Yoshifuji H(共同責任著者), Yamano Y, Kojima H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Handa H, Ohmura K, Saji H, Mimori T, Matsuda F. Genotyping of relapsing polychondritis identified novel susceptibility HLA alleles and distinct genetic characteristics from other rheumatic diseases. Rheumatology (Oxford) 55(9):1686-92, 2016

  43. Tsuji H, Ohmura K, Nakashima R, Hashimoto M, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Fujii T, Mimori T. Efficacy and Safety of Grapefruit Juice Intake Accompanying Tacrolimus Treatment in Connective Tissue Disease Patients. Intern Med 55(12):1547-52, 2016

  44. Yamakawa N, Oe K, Yukawa N, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Yoshifuji H, Ohmura K, Miura Y, Tomosugi N, Kawabata H, Takaori-Kondo A, Mimori T. A Novel Phenotype of a Hereditary Hemochromatosis Type 4 with Ferroportin-1 Mutation, Presenting with Juvenile Cataracts. Intern Med 55(18):2697-701, 2016

  45. Kitagori K, Yoshifuji H(責任著者), Oku T, Sasaki C, Miyata H, Mori KP, Nakajima T, Ohmura K, Kawabata D, Yukawa N, Imura Y, Murakami K, Nakashima R, Usui T, Fujii T, Sakai K, Yanagita M, Hirayama Y, Mimori T. Cleaved Form of Osteopontin in Urine as a Clinical Marker of Lupus Nephritis. PLoS One 11(12):e0167141, 2016

  46. Mori M, Hashimoto M, Matsuo T, Fujii T, Furu M, Ito H, Yoshitomi H, Hirose J, Ito Y, Akizuki S, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Ohmura K, Mimori T. Cell-contact-dependent activation of CD4+ T cells by adhesion molecules on synovial fibroblasts. Mod Rheumatol 27(3):448-456, 2017

  47. Hosono Y, Nakashima R, Serada S, Murakami K, Imura Y, Yoshifuji H, Ohmura K, Naka T, Mimori T. Splicing factor proline/glutamine-rich is a novel autoantigen of dermatomyositis and associated with anti-melanoma differentiation-associated gene 5 antibody. J Autoimmun 77:116-122, 2017

  48. Hiwa R, Ohmura K, Nakabo S, Terao C, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Hashimoto M, Furu M, Ito H, Fujii T, Mimori T. Only rheumatoid factor-positive subset of anti-citrullinated peptide/protein antibody-negative rheumatoid arthritis may seroconvert to anti-citrullinated peptide/protein antibody-positive. Int J Rheum Dis 20(6):731-736, 2017

  49. Terao C, Kawaguchi T, Dieude P, Varga J, Kuwana M, Hudson M, Kawaguchi Y, Matucci-Cerinic M, Ohmura K, Riemekasten G, Kawasaki A, Airo P, Horita T, Oka A, Hachulla E, Yoshifuji H, Caramaschi P, Hunzelmann N, Baron M, Atsumi T, Hassoun P, Torii T, Takahashi M, Tabara Y, Shimizu M, Tochimoto A, Ayuzawa N, Yanagida H, Furukawa H, Tohma S, Hasegawa M, Fujimoto M, Ishikawa O, Yamamoto T, Goto D, Asano Y, Jinnin M, Endo H, Takahashi H, Takehara K, Sato S, Ihn H, Raychaudhuri S, Liao K, Gregersen P, Tsuchiya N, Riccieri V, Melchers I, Valentini G, Cauvet A, Martinez M, Mimori T, Matsuda F, Allanore Y. Transethnic meta-analysis identifies GSDMA and PRDM1 as susceptibility genes to systemic sclerosis. Ann Rheum Dis 76(6):1150-1158, 2017

  50. Takeuchi Y, Murakami K, Kuramoto N, Nakashima R, Hashimoto M, Imura Y, Yoshifuji H, Ohmura K, Mimori T. Chronic nonbacterial osteomyelitis. Arthritis Rheumatol 69(8):1660, 2017

  51. Nakabo S, Hashimoto M, Ito S, Furu M, Ito H, Fujii T, Yoshifuji H, Imura Y, Nakashima R, Murakami K, Kuramoto N, Tanaka M, Satoh J, Ishigami A, Morita S, Mimori T, Ohmura K. Carbamylated albumin is one of the target antigens of anti-carbamylated protein antibodies. Rheumatology (Oxford) 56(7):1217-1226, 2017

  52. Nakabo S, Yoshifuji H, Hashimoto M, Imura Y, Nakashima R, Murakami K, Kuramoto N, Ito S, Satoh J, Tanaka M, Fujii T, Mimori T, Ohmura K. Anti-carbamylated Protein Antibodies Are Detectable in Various Connective Tissue Diseases. J Rheumatol 44(9):1384-1388, 2017

  53. Salah A, Yoshifuji H, Ito S, Kitagori K, Kiso K, Yamada N, Nakajima T, Haga H, Tsuruyama T, Miyagawa-Hayashino A. High Expression of Galectin-3 in Patients with IgG4-Related Disease: A Proteomic Approach. Patholog Res Int 2017:9312142, 2017

  54. Kuramoto N, Ohmura K, Ikari K, Yano K, Furu M, Yamakawa N, Hashimoto M, Ito H, Fujii T, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Taniguchi A, Momohara S, Yamanaka H, Matsuda F, Mimori T, Terao C. Anti-centromere antibody exhibits specific distribution levels among anti-nuclear antibodies and may characterize a distinct subset in rheumatoid arthritis. Sci Rep 7(1):6911, 2017

  55. Nakajima T, Yoshifuji H(責任著者), Shimizu M, Kitagori K, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Tanaka M, Ohmura K, Matsuda F, Terao C, Mimori T. A novel susceptibility locus in the IL12B region is associated with the pathophysiology of Takayasu arteritis through IL-12p40 and IL-12p70 production. Arthritis Res Ther 19(1):197, 2017

  56. Kiso K, Yoshifuji H, Oku T, Hikida M, Kitagori K, Hirayama Y, Nakajima T, Haga H, Tsuruyama T, Miyagawa-Hayashino A. Transgelin-2 is upregulated on activated B-cells and expressed in hyperplastic follicles in lupus erythematosus patients. PLoS One 12(9):e0184738, 2017

  57. Nakayama Y, Yoshifuji H(責任著者), Mori M, Kuramoto N, Murakami K, Nakashima R, Imura I, Ohmura K, Handa T, Miyagawa-Hayashino A, Yokoi H, Mimori T. A concomitant case of pathologically proven IgG4-related disease and ANCA-associated vasculitis: case report. Mod Rheumatol Case Rep 2(1):84-91, 2017

  58. Imura Y, Yukawa N, Handa T, Nakashima R, Murakami K, Yoshifuji H, Ohmura K, Ishii H, Nakata K, Mimori T. Two cases of autoimmune and secondary pulmonary alveolar proteinosis during immunosuppressive therapy in dermatomyositis with interstitial lung disease. Mod Rheumatol 28(4):724-729, 2018

  59. Okabe N, Ohmura K, Katayama M, Akizuki S, Carpino N, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Imura Y, Yoshifuji H, Tanaka M, Mimori T. Suppressor of TCR signaling-2 (STS-2) suppresses arthritis development in mice. Mod Rheumatol 28(4):626-636, 2018

  60. Notohara K, Kamisawa T, Uchida K, Zen Y, Kawano M, Kasashima S, Sato Y, Shiokawa M, Uehara T, Yoshifuji H, Hayashi H, Inoue K, Iwasaki K, Kawano H, Matsubayashi H, Moritani Y, Murakawa K, Oka Y, Tateno M, Okazaki K, Chiba T. Gastrointestinal manifestation of immunoglobulin G4-related disease: clarification through a multicenter survey. J Gastroenterol 53(7):845-853, 2018

  61. Handa T, Matsui S, Yoshifuji H, Kodama Y, Yamamoto H, Minamoto S, Waseda Y, Sato Y, Kubo K, Mimori T, Chiba T, Hirai T, Mishima M. Serum soluble interleukin-2 receptor as a biomarker in immunoglobulin G4-related disease. Mod Rheumatol 28(5):838-844, 2018

  62. Miyagawa-Hayashino A, Yoshifuji H, Kitagori K, Ito S, Oku T, Hirayama Y, Salah A, Nakajima T, Kiso K, Yamada N, Haga H, Tsuruyama T. Increase of MZB1 in B cells in systemic lupus erythematosus: proteomic analysis of biopsied lymph nodes. Arthritis Res Ther 20(1):13, 2018

  63. Iguchi T, Takaori K, Mii A, Sato Y, Suzuki Y, Yoshifuji H, Seno H, Ogawa O, Omori K, Bessho K, Kondo S, Yoshizaki T, Nakashima H, Saito T, Mimori T, Haga H, Kawano M, Yanagita M. Glucocorticoid receptor expression in resident and hematopoietic cells in IgG4-related disease. Mod Pathol 31(6):890-899, 2018

  64. Iwasaki T, Nakamura Y, Nakayama S, Koita N, Maki T, Iemura Y, Haga H, Okada T, Akizuki S, Kuramoto N, Murakami K, Nakashima R, Yoshifuji H, Mimori T, Ohmura K. TAFRO syndrome complicated with occlusion of multiple cerebral arteries. Mod Rheumatol Case Rep 2(2):214-20, 2018

  65. Shirakashi M, Yoshifuji H(責任著者), Kodama Y, Chiba T, Yamamoto M, Takahashi H, Uchida K, Okazaki K, Ito T, Kawa S, Yamada K, Kawano M, Hirata S, Tanaka Y, Moriyama M, Nakamura S, Kamisawa T, Matsui S, Tsuboi H, Sumida T, Shibata M, Goto H, Sato Y, Yoshino T, Mimori T. Factors in glucocorticoid regimens associated with treatment response and relapses of IgG4-related disease: a multicentre study. Sci Rep 8(1):10262, 2018

  66. Takeuchi Y, Hashimoto M, Nakashima R, Tanaka M, Kuramoto N, Murakami K, Yoshifuji H, Ohmura K, Mimori T. Anti-EJ, anti-MDA5 double-positive chronic clinically amyopathic dermatomyositis: a case report. Rheumatology Advances in Practice 2(2)rky022, 2018

  67. Yoshifuji H(責任著者). Pathophysiology of large vessel vasculitis and utility of interleukin-6 inhibition therapy. Mod Rheumatol Nov 14:1-17, 2018 [Epub ahead of print]

  68. Terao C, Yoshifuji H, Matsumura T, Naruse TK, Ishii T, Nakaoka Y, Kirino Y, Matsuo K, Origuchi T, Shimizu M, Maejima Y, Amiya E, Tamura N, Kawaguchi T, Takahashi M, Setoh K, Ohmura K, Watanabe R, Horita T, Atsumi T, Matsukura M, Miyata T, Kochi Y, Suda T, Tanemoto K, Meguro A, Okada Y, Ogimoto A, Yamamoto M, Takahashi H, Nakayamada S, Saito K, Kuwana M, Mizuki N, Tabara Y, Ueda A, Komuro I, Kimura A, Isobe M, Mimori T, Matsuda F. Genetic determinants and an epistasis of LILRA3 and HLA-B*52 in Takayasu arteritis. Proc Natl Acad Sci U S A 115(51):13045-50, 2018

  69. Kitagori K, Yoshifuji H(責任著者), Oku T, Ayaki T, Kuzuya A, Nakajima T, Akizuki S, Nakashima R, Murakami K, Ohmura K, Hirayama Y, Takahashi R, Mimori T. Utility of osteopontin in cerebrospinal fluid as a diagnostic marker for neuropsychiatric systemic lupus erythematosus. Lupus Feb 11:961203319828818, 2019 [Epub ahead of print]

  70. Nakabo S, Ohmura K, Akizuki S, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Yoshifuji H, Tanaka M, Mimori T. Activated neutrophil carbamylates albumin via the release of myeloperoxidase and reactive oxygen species regardless of NETosis. Mod Rheumatol, Feb 21:1-14. 2019 [Epub ahead of print]

  71. Matsuo T, Hashimoto M, Sakaguchi S, Sakaguchi N, Ito Y, Hikida M, Tsuruyama T, Sakai K, Yokoi H, Shirakashi M, Tanaka M, Ito H, Yoshifuji H, Ohmura K, Fujii T, Mimori T. Strain-Specific Manifestation of Lupus-like Systemic Autoimmunity Caused by Zap70 Mutation. J Immunol Apr 24: 1801159, 2019 [Epub ahead of print]

  72. Ishigooka N, Fujii T, Abe H, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Yoshifuji H, Tanaka M, Ito H, Ohmura K, Morita S, Mimori T. Predicting factors for disappearance of anti-mutated citrullinated vimentin antibodies in sera of patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol Jun 13:1-8, 2019. [Epub ahead of print]

  73. Tsuji H, Nakashima R, Hosono Y, Imura Y, Yagita M, Yoshifuji H, Hirata S, Nojima T, Sugiyama E, Hatta K, Taguchi Y, Katayama M, Tanizawa K, Handa T, Uozumi R, Akizuki S, Murakami K, Hashimoto M, Tanaka M, Ohmura K, Mimori T. A Multicenter Prospective Study of the Efficacy and Safety of Combined Immunosuppressive Therapy with High-Dose Glucocorticoid, Tacrolimus, and Cyclophosphamide in Interstitial Lung Diseases Accompanied by Anti-Melanoma Differentiation-Associated Gene 5-Positive Dermatomyositis. Arthritis Rheumatol. 2019 Sep 16. doi: 10.1002/art.41105. [Epub ahead of print]

  74. Niwamoto T, Handa T, Matsui S, Yamamoto H, Yoshifuji H, Abe H, Matsumoto H, Kodama Y, Chiba T, Seno H, Mimori T, Hirai T. Phenotyping of IgG4-related diseases based on affected organ pattern: A multicenter cohort study using cluster analysis. Mod Rheumatol. 2020:1-6. doi: 10.1080/14397595.2019.1703522. [Epub ahead of print]

  75. Isobe M, Amano K, Arimura Y,, Ishizu A, Ito S, Kaname S, Kobayashi S, Komagata Y, Komuro I, Komori K, Takahashi K, Tanemoto K, Hasegawa H, Harigai M, Fujimoto S, Miyazaki T, Miyata T, Yamada H, Yoshida A, Wada T, Inoue Y, Uchida HA, Ota H, Okazaki T, Onimaru M, Kawakami T, Kinouchi R,, Kurata A, Kosuge H, Sada KE, Shigematsu K, Suematsu E, Sueyoshi E, Sugihara T, Sugiyama H, Takeno M, Tamura N, Tsutsumino M, Dobashi H, Nakaoka Y, Nagasaka K, Maejima Y, Yoshifuji H, Watanabe Y, Ozaki S, Kimura T, Shigematsu H, Yamauchi-Takihara K, Murohara T, Momomura SI; JCS Joint Working Group. JCS 2017 Guideline on Management of Vasculitis Syndrome – Digest Version. Circ J. 2020 Jan 24;84(2):299-359. doi: 10.1253/circj.CJ-19-0773. Epub 2020 Jan 18.

  76. Nakaoka Y, Isobe M, Tanaka Y, Ishii T, Ooka S, Niiro H, Tamura N, Banno S, Yoshifuji H, Sakata Y, Kawakami A, Atsumi T, Furuta S, Kohsaka H, Suzuki K, Hara R, Maejima Y, Tsukamoto H, Takasaki Y, Yamashita K, Okada N, Yamakido S, Takei S, Yokota S, Nishimoto N. Long-term efficacy and safety of tocilizumab in refractory Takayasu arteritis: final results of the randomized controlled phase 3 TAKT study. Rheumatology 2020;0:1–8 doi:10.1093/rheumatology/kez630

  77. Murakami I, Murakami K, Hashimoto M, Tanaka M, Ito H, Fujii T, Torii M, Ikeda K, Kuwabara A, Tanaka K, Yoshida A, Akizuki S, Nakashima R, Yoshifuji H, Ohmura K, Usui T, Morita S, Mimori T. Intake frequency of vegetables or seafoods negatively correlates with disease activity of rheumatoid arthritis. PLoS One. 2020 Feb 13;15(2):e0228852.

  78.  Sugihara T, Hasegawa H, Uchida HA, Yoshifuji H, Watanabe Y, Amiya E, Maejima Y, Konishi M, Murakawa Y, Ogawa N, Furuta S, Katsumata Y, Komagata Y, Naniwa T, Okazaki T, Tanaka Y, Takeuchi T, Nakaoka Y, Arimura Y, Harigai M, Isobe M; Japan Research Committee of the Ministry of Health, Labour, and Welfare for Intractable Vasculitis (JPVAS). Associated factors of poor treatment outcomes in patients with giant cell arteritis: clinical implication of large vessel lesions. Arthritis Res Ther 22(1):72, 2020
  79. Shirakashi M, Nakashima R, Tsuji H, Tanizawa K, Handa T, Hosono Y, Akizuki S, Murakami K, Hashimoto M, Yoshifuji H, Ohmura K, Mimori T. Efficacy of plasma exchange in anti-MDA5-positive dermatomyositis with interstitial lung disease under combined immunosuppressive treatment. Rheumatology (Oxford). 2020 Apr 10 [Epub ahead of print]
  80. Yoshifuji H(責任著者), Chikashi T. Roles of cytotoxic lymphocytes and MIC/LILR families in pathophysiology of Takayasu arteritis. Inflammation and Regeneration. 2020, doi.org/10.1186/s41232-020-00119-6
  81. Korogi Y, Tanaka N, Yoshifuji H, Tazaki J, Kubo T, Tanizawa K. Complete occlusion of right pulmonary artery in Behcet disease. Respirology Case Reports 8(6), 2020, e00594
  82. Gon Y, Yoshifuji H(責任著者), Nakajima T, Murakami K, Nakashima R, Ohmura K, Mimori T, Terao C. Long-term outcomes of refractory Takayasu arteritis patients treated with biologics including ustekinumab. Mod Rheumatol. 2020:1-13. doi: 10.1080/14397595.2020.1800560. Online ahead of print.
原著論文一覧(和文)
  1. 橋本 美季子, 吉藤 元, 三森 経世. 異なる臓器・組織型である乳癌と卵巣癌に関連してそれぞれ皮膚筋炎を合併した一例. 日本臨床免疫学会会誌 27 (6): 427-30, 2004
  2. 佐藤 毅, 橋本 美季子, 藤井 隆夫, 有馬 俊裕, 吉藤 元, 川端 大介, 田中 真生, 臼井 崇, 三森 経世, 梅原 久範. レフルノミド投与中止後に血球減少をきたした関節リウマチの2例. 臨床リウマチ 17 (3): 221-5, 2005
  3. 中谷 友香, 蔭山 豪一, 豆原 彰, 西澤 衡, 村部 浩之, 村上 典彦, 横田 敏彦, 日下 昌平, 吉藤 元. 抗PL-12抗体陽性の皮膚筋炎の1例. 倉敷中央病院年報 68: 257-60, 2006
  4. 寺尾 知可史, 吉藤 元, 三森 経世, 松田 文彦. 高安動脈炎疾患感受性HLAアレルおよびアミノ酸. 日本臨床免疫学会会誌 37 (3): 166-70, 2014
  5. 吉藤 元, 木下 秀之. 膠原病に伴うボーダーライン肺高血圧症のマネジメント. 日本臨床免疫学会会誌 37 (6): 454-61, 2014
  6. 吉藤 元, 柳澤 洋, 谷澤 公伸, 半田 知宏, 木下 秀之. PAHに伴う心肺病変について考えるシンポジウム 重症PHを有する強皮症に対する治療介入 症例提示 肺動脈性肺高血圧症と間質性肺炎を合併し重度の呼吸困難をきたした強皮症の1例 エポプロステノールの活用と問題点. Pulmonary Hypertension Update 1 (Suppl.): 171-6, 2015
  7. 北郡 宏次, 吉藤 元. 全身性エリテマトーデスにおけるオステオポンチン. 日本臨床免疫学会会誌 40 (2): 118-23, 2017
著書一覧(和文)
  1. 吉藤 元. BAFFとIgG4関連疾患. IgG4関連疾患 実践的臨床から病因へ, 前田書店, pp177-85, 2015
  2. 吉藤 元. B.中小型血管炎 6.その他の中小型血管炎. 臨床脈管学, 日本医学出版, pp331-2, 2017
  3. 吉藤 元. 5-3.高安動脈炎. 臨床医のための膠原病・リウマチ疾患と妊娠・授乳ハンドブック, 南山堂, pp196-203, 2019
  4. 吉藤 元. 膠原病・リウマチ性疾患 高安動脈炎・巨細胞性動脈炎, 内科学書改訂第9Vol.2, 中山書店, pp259-63, 2019
  5. 吉藤 元. 13-5-1. 再発性多発軟骨炎, 新臨床内科学, 医学書院, pp1793-4, 2020
総説一覧(英文)
  1. Yoshifuji H, Onizawa H. Takayasu arteritis 1. PET/CT for Inflammatory Diseases – Basic Sciences, Typical Cases, and Review, Springer, pp120-3, 2020, doi: 10.1007/978-981-15-0810-3.

総説一覧(和文)
  1. 吉藤 元, 三森 経世. 【EBMのための内科疾患データファイル 治療方針決定のために】 膠原病・免疫 多発性筋炎/皮膚筋炎. 「内科」 89 (6): 1373-7, 2002

  2. 吉藤 元, 三森 経世. 検査データを考える CK及び関連項目の解釈における問題点. 検査と技術 31 (5): 443-6, 2003

  3. 吉藤 元, 三森 経世. 【日常診療での膠原病の診かた】 診断のガイドライン 多発性筋炎・皮膚筋炎. 診断と治療 92 (2): 277-81, 2004

  4. 吉藤 元. カルパイン・カルパスタチンと関節リウマチ. 臨床リウマチ 17 (3): 160-5, 2005

  5. 吉藤 元, 三森 経世. 【関節リウマチ 早期診断と最新の治療】 関節リウマチ診断のstate-of-the-art 関節リウマチの血清学的検査の進歩. カレントテラピー 24 (5): 406-10, 2006

  6. 吉藤 元, 三森 経世. 【ベッドサイドの免疫学 免疫疾患に強くなるために】 知っておきたい免疫疾患のトピックス 自己免疫疾患とアレルギーのトピックス 多発性筋炎・皮膚筋炎 自己抗体に関する最新のトピックス. Medicina 43 (6): 935-7, 2006

  7. 吉藤 元, 三森 経世. 【自己免疫疾患の診断】 抗体と疾患 抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体症候群. 臨床検査 52 (3): 525-30, 2008

  8. 中嶋 蘭, 吉藤 元. 【リウマチ性疾患と自己抗体 新しい知見と臨床応用への期待】 筋炎と抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体. リウマチ科 40 (3): 225-30, 2008

  9. 吉藤 元. 抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体陽性筋炎例の特徴. 自己抗体と自己免疫’08: 29-35, 2008

  10. 吉藤 元. 【ここまでわかった多発性筋炎・皮膚筋炎】 臨床病理 抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体. 医学のあゆみ 239 (1): 71-6, 2011

  11. 吉藤 元. SLEモデルマウスにおける自己反応性B細胞制御メカニズム. リウマチ科 48 (2): 246-52, 2012

  12. 吉藤 元. 【循環器における炎症性疾患-病態から診療へ-】 高安動脈炎. Circulation 4 (4): 61-7, 2014

  13. 吉藤 元. 【臨床医のための血管炎の知識 up-to-date】 《実地医家に役立つ血管炎の診療のポイント》 血管炎の診断に際し感度または特異度が高い所見. Modern Physician 34 (9): 1052-7, 2014

  14. 吉藤 元. 【膠原病】 実地医家の日常診療のレベルアップのポイントを身につける 高安動脈炎の最新の知見と診療への活用. Medical Practice 32 (7): 1165-8, 2015

  15. 吉藤 元. 【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 全身性自己免疫疾患 血管炎症候群 高安動脈炎. 日本臨牀 別冊免疫症候群I 747-52, 2015

  16. 吉藤 元. 【膠原病に伴う循環器疾患】 大型血管炎の新しい捉え方 高安動脈炎と巨細胞性動脈炎. 呼吸と循環 63 (11): 1087-93, 2015

  17. 吉藤 元. 【膠原病と慢性炎症】 慢性炎症の病態 高安動脈炎. 別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患 5(3):70-5, 2016

  18. 吉藤 元. 【自己免疫疾患-Preclinical Stateから発症・早期診断まで】 全身性自己免疫疾患 高安動脈炎の発症機序におけるHLAとサイトカインの寄与. 医学のあゆみ 258 (10): 983-9, 2016

  19. 吉藤 元. 【リウマチ性疾患の遺伝要因】 高安動脈炎の遺伝学的要因. リウマチ科 58(4):405-11, 2017

  20. 吉藤 元. タイプ別肺高血圧症診療のポイント 高安動脈炎に伴う肺高血圧症. Pulmonary Hypertension Update 3(2): 134-42, 2017

  21. 吉藤 元. 【膠原病の血管病変とそのマネージメント】 頭頸部・大動脈の血管炎. リウマチ科 59(5):475-80, 2018

  22. 吉藤 元. 【整形外科医に役立つ高齢者リウマチ性疾患の知識】 整形外科医が知っておくべき巨細胞性動脈炎の概要. 整形・災害外科 61(8): 925-30, 2018

  23. 吉藤 元, 松原 雄. IgA血管炎(Henoch-Schönlein紫斑病)の疾患概念と病態. リウマチ科 60(2):217-22, 2018

  24. 吉藤 元. 【血管炎(第2版)-基礎と臨床のクロストーク-】 大型血管炎 高安動脈炎 診断. 日本臨牀 76(Suppl 6): 107-11, 2018

  25. 吉藤 元. 【連載-不明熱の原因となるリウマチ性疾患】 高安動脈炎. 分子リウマチ治療 11(4): 195-9, 2018

  26. 吉藤 元. 【特集-大型血管炎の画像診断】 大型および中型血管炎の臨床病理と画像診断. 画像診断 39(2): 154-60, 2019

  27. 吉藤 元. 【特集-リウマチ性疾患における遺伝素因と環境要因】 血管炎と遺伝子多型. リウマチ科 61(2):122-7, 2019

  28. 吉藤 元. 【Topics動脈・静脈疾患】 高安動脈炎における画像検査と治療の進歩. Medical Practice 36(3):455-8, 2019

  29. 吉藤 元. 【全身性疾患と腎update】 7. 高安動脈炎・リウマチ専門医の視点より. 腎と透析 86(Suppl), 54-7, 2019

  30. 吉藤 元, 寺尾知可史【血管炎症候群のupdate】 高安動脈炎のゲノム遺伝学的研究と生物学的製剤の有効性. リウマチ科 61(7):523-9, 2019

  31. 吉藤 元. 高安動脈炎に対するトシリズマブ加療中の治療効果判定の方法は? 日本医事新報 4982, 57-58, 2019

  32. 吉藤 元, 寺尾知可史. 高安動脈炎におけるNK 細胞およびCTL の重要性. 医学のあゆみ 271(6):612-3, 2019
  33. 吉藤 元. 大型血管炎. カレントテラピー 38(5): 445-9, 2020
  34. 吉藤 元. 【IgG4関連疾患の基礎と臨床】 IgG4関連疾患の病態と動物モデル. リウマチ科 63(3)266-722020
  35. 吉藤 元, IgG4関連疾患のモデル動物と病院. 炎症と免疫 28(4)315-202020
  36. 吉藤 元, 寺尾知可史. 大型血管炎はどのように発症するか? Heart View 24(8): 728-34, 2020
著書一覧(和文)
  1.  吉藤 元. BAFFとIgG4関連疾患. IgG4関連疾患 実践的臨床から病因へ, 前田書店, pp177-85, 2015
  2. 吉藤 元. B.中小型血管炎 6.その他の中小型血管炎. 臨床脈管学, 日本医学出版, pp331-2, 2017
  3. 吉藤 元. 5-3.高安動脈炎, 臨床医のための膠原病・リウマチ疾患と妊娠・授乳ハンドブック, 南山堂, pp196-203, 2019
  4. 吉藤 元. 膠原病・リウマチ性疾患 高安動脈炎・巨細胞性動脈炎, 内科学書改訂第9版Vol.2, 中山書店, pp259-63, 2019
  5. 吉藤 元. 13-5-1. 再発性多発軟骨炎, 新臨床内科学, 医学書院, pp1793-4, 2020
主な学会発表一覧
  1. Yoshifuji H, Umehara H, Kawabata D, Fujii T, Tanaka M, Fujita Y, Mimori T. The Regulation of Cytokine Production in Human Synovial Cells and the Amelioration of Murine Expesrimental Arthritis by Calpain Inhibitor. 米国リウマチ学会(オーランド), 2003年10月26日

  2. Yoshifuji H, Fujii T, Kobayashi S, Umehara H, Tanaka M, Fujita Y, Kawabata D, Imura Y, Usui T, Mimori T. Significance of Anti-synthetase Antibodies in PM/DM Patients with Interstitial Pneumonitis. 欧州リウマチ学会(ベルリン), 2004年6月10日

  3. Yoshifuji H, Fujii T, Kobayashi S, Umehara H, Tanaka M, Fujita Y, Kawabata D, Imura Y, Arima T, Usui T, Mimori T. Significance of Anti-synthetase Antibodies in Clinical Course Prediction of Muscle and Lung Diseases Associated with Polymyositis/Dermatomyositis (PM/DM). アジア太平洋リウマチ学会(済州島), 2004年9月12日

  4. Yoshifuji H, Umehara H, Maruyama H, Itoh M, Tanaka M, Kawabata D, Fujii T, Usui T, Hashimoto M and Mimori T. Amelioration of experimental arthritis by a calpain-inhibitory compound: regulation of cytokine production by E-64-d in vivo and in vitro. 東アジアリウマチ集会(東京), 2005年4月30日(口演・英語)

  5. Yoshifuji H, Fujii T, Kobayashi S, Umehara H, Fujita Y, Kawabata D, Tanaka M, Mimori T. Anti-aminoacyl-tRNA Synthetase Antibodies in Clinical Course Prediction of Interstitial Lung Disease Complicated with Idiopathic Inflammatory Myopathies. 米国リウマチ学会(サンディエゴ), 2005年11月15日

  6. 吉藤 元. 【シンポジウム 自己抗体の特異性と多様性】 抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体の特異性と多様性. 日本リウマチ学会(長崎), 2006年4月24日(口演)

  7. Yoshifuji H, Umehara H, Fujii T, Tanaka M, Usui T, Imura Y, Kawabata D, Mimori T. Double Filtration Plasmapheresis and Cyclophosphamide Combination Therapy on Advanced Refractory Scleroderma. 欧州リウマチ学会(アムステルダム), 2006年6月3日

  8. 吉藤 元. 【シンポジウム 膠原病の抗体・検査・分子医学】 多発性筋炎・皮膚筋炎における自己抗体の意義. 日本リウマチ学会近畿支部学術集会(大阪), 2007年9月8日(口演)

  9. Yoshifuji H, Usui T, Ito Y, Hashimoto M, Mimori T. Amelioration of Experimental Myopathy by a Calpain-inhibitory Compound. 米国リウマチ学会(ボストン), 2007年11月10日

  10. Yoshifuji H. Lecture: Myopathy & Autoimmunity – Clinical features of myopathic patients with anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibodies.自己抗体と自己免疫シンポジウム(東京), 2008年2月16日(口演)

  11. 寺尾 知可史, 吉藤 元, 村上 孝作, 川端 大介, 大村 浩一郎, 藤井 隆夫, 秋月 正史,川口 鎮司, 山中 寿, 三森 経世. 高安動脈炎感受性と相関する3つの新規HLA-Bアミノ酸多型, 日本リウマチ学会(京都), 2013年4月20日(吉藤口演)

  12. 中島 俊樹, 吉藤 元, 中嶋 蘭, 井村 嘉孝, 橋本 求, 湯川 尚一郎, 大村 浩一郎, 藤井 隆夫, 三森 経世. 当院で診療した高安動脈炎117例の合併症と治療の現況. 日本炎症・再生医学会(京都), 2013年7月2日

  13. Yoshifuji H, Kiyama K, Hosono Y, Kawabata D, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Ohmura K, Fujii T, Mimori T. Screening of IgG4-type anti-nuclear antibodies in IgG4-related disease and systemic autoimmune diseases.国際シェーグレン症候群シンポジウム(京都), 2013年10月10日

  14. Yoshifuji H, Terao C, Murakami K, Kawabata D, Ohmura K, Fujii T, Kawaguchi Y, Yamanaka H, and Mimori T. Association between HLA-B’s amino acid variation and disease-susceptibility to Takayasu arteritis. 米国リウマチ学会(サンディエゴ), 2013年10月27日(口演・英語)

  15. Yoshifuji H, Kiyama K, Hosono Y, Kawabata D, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Ohmura K, Fujii T, Mimori T. Subclass-based analysis of anti-nuclear antibody in IgG4-related disease and systemic autoimmune diseases. IgG4関連疾患国際シンポジウム(ホノルル), 2014年2月16日

  16. 中島 俊樹, 吉藤 元,寺尾 知可史,井村 嘉孝,中嶋 蘭,湯川 尚一郎,大村 浩一郎,藤井 隆夫,三森 経世. 【一般演題プレナリーセッション】 高安動脈炎の新規疾患関連遺伝子IL12Bと臨床病態との関連. 日本内科学会(東京), 2014年4月12日(中島口演)

  17. 吉藤 元. 【シンポジウム5 炎症の病態と新規分子標的治療】 IL-12/IL-23 ~IL-12/IL-23の高安動脈炎との関連~.日本炎症・再生学会(沖縄), 2014年7月3日(口演)

  18. Yoshifuji H. Management of Borderline PAH in CTD. Actelion Academic Forum in Pulmonary Hypertension(東京). 2014年7月5日(口演・英語).

  19. Nakajima T, Yoshifuji H, Terao C, Kitagori K, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Ohmura K, Fujii T, Mimori T. Association of a Single Nucleotide Polymorphism (SNP) in IL-12B Region with Clinical Features and Peripheral T Cell Profiles of Patients with Takayasu Arteritis. 米国リウマチ学会(ボストン), 2014年11月16日

  20. 白柏 魅怜, 吉藤 元, 三森 経世. IgG4関連疾患のステロイド療法に関する多施設共同調査. IgG4研究会(博多), 2015年3月21日(白柏口演)

  21. 吉藤 元. 【シンポジウム17 多発性筋炎・皮膚筋炎のUpdate】 抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体症候群の最新の知見. 日本リウマチ学会(名古屋), 2015年4月26日(口演)

  22. 吉藤 元. 【シンポジウム5 大型血管炎の診断・治療の最前線】 高安動脈炎発症へのHLA-B*52IL-12B遺伝子の関与. 日本脈管学会(東京), 20151030日(口演)

  23. Yoshifuji H, Isobe M, Fujimoto S, Arimura Y. Takayasu arteritis and giant cell arteritis epidemiological study. EUVAS/VCRC meeting(サンフランシスコ), 2015年11月7日(口演・英語)

  24. Nakajima T, Yoshifuji H, Terao C, Fujii T, Ohmura K, Imura Y, Murakami K, Nakashima R, Yukawa N, Mimori T. Clinical Features and Treatments of Takayasu Arteritis Complicated with Ulcerative Colitis. 米国リウマチ学会(サンフランシスコ), 2015年11月10日

  25. 吉藤 元. 【日本リウマチ学会共同企画 症例から学ぶ膠原病合併間質性肺炎のマネージメント-手引きの作成に向けて-】 抗ARS抗体陽性の間質性肺炎. 日本呼吸器学会(京都), 2016年4月9日(口演)

  26. 北郡 宏次, 吉藤 元, 奥 琢磨, 佐々木 千代美, 宮田 仁美, 中島 俊樹, 平山 良孝,三森 経世. ループス腎炎患者における尿中オステオポンチン断片の臨床マーカーとしての意義. 日本リウマチ学会(横浜), 2016年4月21日(北郡口演)

  27. 中島 俊樹, 吉藤 元, 井村 嘉孝, 笹井 蘭, 村上 孝作, 湯川 尚一郎, 大村 浩一郎, 三森 経世. 膠原病における皮膚潰瘍に対する肺血管拡張薬の有効性の検討. 日本リウマチ学会(横浜), 2016年4月21日(中島口演)

  28. 吉藤 元. 【ランチョンセミナー17】 CTD-PAHへの免疫抑制治療と早期診断 ― エビデンス・レビューと演者らによる取り組み. 日本リウマチ学会(横浜), 2016年4月22日(口演)

  29. 白柏 魅怜, 吉藤 元, 三森 経世. IgG4関連疾患の病因病態解明と新規治療法確立に関する研究班. 多施設共同調査によるIgG4関連疾患におけるステロイド投与方法と再燃率の関連の解析. 日本リウマチ学会(横浜), 2016年4月22日(白柏口演)

  30. Nakajima T, Yoshifuji H, Terao C, Kitagori K, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Tanaka M, Ohmura K, Mimori T. Association of IL-12p40 and IL-12p70 with pathophysiology of Takayasu arteritis. 欧州リウマチ学会(ロンドン), 2016年6月9日(中島口演・英語)

  31. 中山 洋一, 吉藤 元, 森 将人, 蔵本 伸生, 村上 孝作, 笹井 蘭, 井村 嘉孝, 大村 浩一郎, 半田 知宏, 横井 秀基, 三森 経世. IgG4関連肺疾患とANCA関連腎炎を合併した1例. 日本シェーグレン症候群学会(東京), 2016年9月9日(中山口演)

  32. Kitagori K, Yoshifuji H, Oku T, Sasaki C, Miyata H, Nakajima T, Hirayama Y, Mimori T. Cleaved Form of Osteopontin in Urine as a Clinical Marker of Lupus Nephritis. 国際自己抗体と自己免疫ワークショップ(京都), 2016年10月12日

  33. Nakajima T, Yoshifuji H, Terao C, Murakami K, Kuramoto N, Nakashima R, Imura Y, Tanaka M, Ohmura K, Mimori T. IL-12p40 in Pathophysiology of Takayasu Arteritis. 国際自己抗体と自己免疫ワークショップ(京都), 2016年10月12日

  34. 加藤 志穂,吉藤 元,寺尾 知可史,永松 勝利. 希少疾患における研究協力体制構築の試みについて ~再発性多発軟骨炎(RP)患者会の取り組みから~.日本難病医療ネットワーク学会(名古屋), 2016年11月18日

  35. Nakajima T, Yoshifuji H, Terao C, Murakami K, Kuramoto N, Nakashima R, Imura Y, Tanaka M, Ohmura K, Mimori T. Severe Complications and Immunosuppressive Treatments in 33 Patients with Relapsing Polychondritis. 米国リウマチ学会(ワシントン), 2016年11月14日

  36. Nakayama Y, Yoshifuji H, Mori M, Kuramoto N, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Ohmura K, Handa T, Yokoi H, Mimori T. A case with both biopsy-proven IgG4-related disease and ANCA-associated vasculitis. IgG4関連疾患国際シンポジウム(マウイ), 2017年2月15日

  37. Hasegawa H, Yoshifuji H, Akizuki S, Kuramoto N, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Yokoi H, Omura K, Mimori T. A case of acute kidney injury with elevated serum IgG4, hypocomplementemia and C1q deposition in glomerulus. IgG4研究会(神戸), 2017年3月18日(長谷川口演・英語)

  38. Nakajima T, Yoshifuji H, Murakami K, Kuramoto N, Nakashima R, Imura Y, Ohmura K, Terao C, Mimori T. The synergistic effects of HLA-B*52 and risk allele at a SNP in IL12B region on complication of aortic regurgitation in patients with Takayasu arteritis.国際血管炎・ANCA学会(東京). 2017年3月26日(中島口演・英語)

  39. Uchida HA, Nakaoka Y, Yoshifuji H, Sugihara T, Watanabe Y, Hasegawa H, Amiya E, Konishi M, Arimura Y, Isobe M, The Research Committee on Intractable Vasculitides, MHLW Japan, The Strategic Study Group to Establish the Evidence for Intractable Vasculitis Guideline, AMED Japan. Recent clinical feature of the patients with Takayasu arteritis in a nationwide, retrospective cohort study in Japan.国際血管炎・ANCA学会(東京). 2017年3月26日

  40. Sugihara T, Hasegawa H, Uchida HA, Yoshifuji H, Nakaoka Y, Watanabe Y, Amiya E, Konishi M, Arimura Y, Isobe I, The Research Committee on Intractable Vasculitides, MHLW Japan, The Strategic Study Group to Establish the Evidence for Intractable Vasculitis Guideline, AMED Japan. Characteristics of patients with giant cell arteritis and Takayasu arteritis in a nationwide, retrospective cohort study in Japan.国際血管炎・ANCA学会(東京). 2017年3月26日

  41. 吉藤 元. 【シンポジウム11 血管炎の病態と治療】 高安動脈炎の遺伝学的要因と治療応用. 日本リウマチ学会(博多), 2017年4月21日(口演)

  42. 吉藤 元. 【ランチョンセミナー25】 全身性硬化症(強皮症)に伴う肺動脈性肺高血圧症の病態メカニズムと治療. 日本リウマチ学会(博多), 2017年4月22日(口演)

  43. Nakajima T, Yoshifuji H, Terao C, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Ohmura K, Mimori T. The SNP rs6871626 Located in IL12B Region may Influence on Vascular Lesions of Takayasu Arteritis. 欧州リウマチ学会(マドリッド), 2017年6月16日

  44. Gon Y, Yoshifuji H, Nakajima T, Murakami K, Nakashima R, Ohmura K, Terao C, Mimori T. Efficacy of Biologics in Patients with Refractory Takayasu Arteritis and Analysis of Their Genetic Backgrounds. 欧州リウマチ学会(マドリッド), 2017年6月16日

  45. 吉藤 元. 【特別講演1 発症年齢別の血管炎治療の進歩】 高安動脈炎と巨細胞性動脈炎のUpdate. 日本リウマチ学会近畿支部学術集会(大阪), 2017年9月2日(口演)

  46. 権 淳英, 吉藤 元, 北郡 宏次, 中島 俊樹, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 大村 浩一郎, 三森 経世. ヒトIgG4ノックインマウスの作成と表現型の検討. 日本シェーグレン症候群学会(東京), 2017年9月9日(権口演)

  47. Sugihara T, Hasegawa H, Uchida HA, Yoshifuji H, Nakaoka Y, Watanabe Y, Amiya E, Konishi M, Katsumata Y, Komagata Y, Naniwa T, Okazaki T, Tanaka Y, Takeuchi T, Harigai M, Arimura Y, Isobe M, The Research Committee on Intractable Vasculitides, MHLW Japan, The Strategic Study Group to Establish the Evidence for Intractable Vasculitis Guideline, AMED Japan. Characteristics and treatment outcomes of giant cell arteritis with large-vessel lesions in a nationwide, retrospective cohort study in Japan. 米国リウマチ学会(サンディエゴ), 2017年11月5日

  48. Gon Y, Yoshifuji H, Kitagori K, Nakajima T, Murakami K, Nakashima R, Ohmura K, Mimori T. Invention and phenotypic evaluation of human IgG4-knock-in mice. 米国リウマチ学会(サンディエゴ), 2017年11月6日

  49. 吉藤 元, 白柏 魅怜, 三森 経世, AMED IgG4関連疾患の病態解明と新規治療法の確立に関する研究班. IgG4関連疾患のステロイド反応性と再燃に寄与する因子の検討. IgG4研究会(松本), 2018年3月10日(口演)

  50. 権 淳英, 吉藤 元,北郡 宏次,中島 俊樹,村上 孝作,中嶋 蘭,大村 浩一郎,三森 経世. ヒトIgG4ノックインマウスの作成と組織学的検討. IgG4研究会(松本), 2018年3月10日(権口演)

  51. 吉藤 元. 【会長特別企画20 新しい時代を迎える大型血管炎の診断・治療の最前線】 Genetic Backgrounds and Pathophysiology of Large Vessel Vasculitis.日本循環器学会(大阪), 2018年3月25日(口演)

  52. 寺尾 知可史, 吉藤 元, 松村 貴由, 成瀬 妙子, 石井 智徳, 小室 一成, 木村 彰方, 磯部 光章, 三森 経世, 松田 文彦. 高安動脈炎の新規関連領域及びHLAとLILRA3領域の相互作用の同定. 日本内科学会(京都), 2018年4月15日

  53. 吉藤 元. 【シンポジウム15 IgG4関連眼疾患の現状と今後の課題】 IgG4関連疾患における多臓器病変の疫学と治療. 日本眼科学会(大阪), 2018年4月20日(口演)

  54. Kitagori K, Yoshifuji H, Gon Y, Nakajima T, Akizuki S, Nakashima R, Murakami K, Ohmura K, Mimori T. Osteopontin in cerebrospinal fluid as a diagnostic marker of NPSLE. 日本リウマチ学会(東京), 2018年4月28日(北郡口演・英語)

  55. Gon Y, Yoshifuji H, Nakajima T, Kitagori K, Murakami K, Nakashima R, Ohmura K, Terao C. Mimori T. Long-term outcomes of patients with refractory Takayasu arteritis treated with biologics. 日本リウマチ学会(東京), 2018年4月28日(権口演・英語)

  56. 吉藤 元. 【ランチョンセミナー2】 大型血管炎の臨床と画像診断. 日本核医学会春季大会(東京), 2018年5月12日(口演)

  57. 吉藤 元, 影林 純佳, 木下 秀之, 藤井 隆夫, 岡野 嘉明, 勝島 將夫, 三森 経世. ANCA関連血管炎と強皮症に合併した肺動脈性肺高血圧症の一例.日本肺高血圧・肺循環学会(大阪), 2018年6月22日(口演)

  58. 吉藤 元. 【シンポジウム 血管炎の診断・治療 Up to date】 高安動脈炎と巨細胞性動脈炎は同じ疾患か別の疾患か(遺伝的、臨床的検討より). 日本リウマチ学会近畿支部学術集会(大阪), 2018年9月1日(口演)

  59. 吉藤 元. 【シンポジウム3  IgG4関連ミクリッツ病、眼病変の診断基準と診療指針】 IgG4関連疾患の疫学と治療実態. 日本シェーグレン症候群学会学術集会(小倉), 2018年9月15日(口演)

  60. Tsuji H, Nakashima R, Imura Y, Yagita M, Yoshifuji H, Hirata S, Nojima T, Sugiyama E, Hatta K, Taguchi Y, Katayama M, Akizuki S, Murakami K, Hashimoto M, Tanaka M, Ohmura K, Mimori T. A Prospective Study of Combined Immunosuppressive Therapy with Corticosteroid, Tacrolimus, and Cyclophosphamide in Interstitial Lung Diseases Accompanied by Anti-Melanoma Differentiation-Associated Gene 5-Positive Dermatomyositis. 米国リウマチ学会(シカゴ), 2018年10月21日(辻口演・英語)

  61. 吉藤 元. 【シンポジウム1  血管炎症候群の最新知見 -高安動脈炎を中心に-】 血管炎症候群診療ガイドライン2017について. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会(東京), 2018年10月27日(口演)

  62. 吉藤 元. 【Evening discussion 2】 大型血管炎の画像診断と改訂ガイドライン. 日本臨床免疫学会総会(軽井沢), 2018年11月8日(口演)

  63. 吉藤 元. 【教育講演3 血管炎】 ポリジーンから見た大型血管炎の病態と治療.日本リウマチ学会中国・四国支部学術集会(高松), 2018年12月1日(口演)

  64. 吉藤 元. IgG4関連疾患各臓器病変の性別・アレルギー・悪性腫瘍との関連. IgG4研究会(富山), 2019年3月9日(口演)

  65. 権 淳英,吉藤 元,船越 荘平,北郡 宏次,秋月 修治,村上 孝作,中嶋 蘭,大村 浩一郎,三森 経世. 抗核抗体陽性IgG4関連疾患患者の臨床的特徴. IgG4研究会(富山), 2019年3月9日(権口演)

  66. 吉藤 元,白柏 魅怜,権 淳英,三森 経世,AMED IgG4関連疾患の病態解明と新規治療法の確立に関する研究班. IgG4関連疾患各臓器病変の性別・アレルギー・悪性腫瘍との関連. IgG4研究会(富山), 2019年3月9日(口演)

  67. 増尾 優輝, 吉藤 元, 日和 良介, 田中 望美, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 大村 浩一郎, 三森 経世. 全身性エリテマトーデスに自己免疫性好中球減少症、びまん性肺胞出血、IgA腎症を合併した1例. 日本リウマチ学会(京都), 2019年4月15日

  68. 吉藤 元. 【近未来のリウマチ医セッション】 希少疾患研究のすすめ -高安動脈炎の遺伝子研究-. 日本リウマチ学会(京都), 2019年4月15日(口演)

  69. 田中 望美, 吉藤 元, 中嶋 蘭, 秋月 修治, 村上 孝作, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎, 三森 経世. 右肺動脈の完全閉塞を呈した血管型ベーチェット病の一例. 日本リウマチ学会(京都), 2019年4月17日

  70. 吉藤 元. 【教育研修講演26】 高安動脈炎と巨細胞性動脈炎の異同と分類基準の改訂案. 日本リウマチ学会(京都), 2019年4月17日(口演)

  71. Yoshifuji H, Shirakashi M, Kodama Y, Chiba T, Yamamoto M, Takahashi H, Uchida K, Okazaki K, Ito T, Kawa S, Yamada K, Kawano M, Hirata S, Tanaka Y, Moriyama M, Nakamura S, Kamisawa T, Matsui S, Tsuboi H, Sumida T, Shibata M, Goto H, Sato Y, Yoshino T, Mimori T. Associations between Organ Involvements and Gender, Allergy, and Malignancy in 166 Patients with IgG4-related Disease. 欧州リウマチ学会(マドリッド), 2019621

  72. 吉藤 元. SLEとMCTDの違い -ゲノム遺伝学からわかること-. United Front against Rheumatism(名古屋), 2019714日(口演)

  73. Yoshifuji H. Current evidence from Japan. Asia-Japan Takayasu arteritis management Meeting(東京). 2019728日(口演・英語)

  74. 吉藤 元. 【シンポジウム1 SSIgG4RD 病態機序と臨床応用】 IgG4関連疾患の疫学と動物モデル. 日本シェーグレン症候群学会(徳島), 2019913日(口演)

  75. 吉藤 元, 田中 望美, 木下 秀之, 船越 荘平, 松尾 崇史, 大村 浩一郎, 三森 経世.肺動脈性肺高血圧症を合併した原発性シェーグレン症候群の2. 日本シェーグレン症候群学会(徳島), 2019914日(口演)

  76. 吉藤 元. 【アフタヌーンセミナー1 血管炎症候群の成因と治療の実際】 血管炎症候群の分類と病態. 日本小児リウマチ学会総会・学術集会(札幌), 2019105日(口演)

  77. 吉藤 元. 【パネルディスカッション10 血管炎に対する治療戦略】 大型血管炎に対する生物学的製剤治療のピットフォール. 日本脈管学会(東京), 20191011日(口演)

  78. 吉藤 元. 【シンポジウム7 大血管炎診断の基礎と臨床】 大型血管炎の病理・病態と画像診断. 日本医学放射線学会秋季臨床大会(名古屋), 20191020日(口演)

  79. Yoshifuji H, Uchida HA, Nakaoka Y, Sugihara T, Isobe M, Harigai M. Long-term clinical course and outcomes of 2013 patients with Takayasu arteritis. 米国リウマチ学会(アトランタ)、20191110

政策提言・編集委員など
  1. 血管炎症候群の診療ガイドライン(2017年改訂版). 日本循環器学会・厚労省難治性血管炎研究班合同研究. 事務局の実質担当者.
  2. 膠原病に伴う間質性肺疾患診断・治療指針2020. 日本呼吸器学会・日本リウマチ学会合同. 査読委員(多発性筋炎・皮膚筋炎を担当).
研究会等の特別講演
  1. 吉藤 元. 内科系リウマチ診療の現状と展望. 阪神リウマチ勉強会(尼崎), 2013年5月20日

  2. 吉藤 元, 木下 秀之. 当院の肺高血圧症治療の現状 ~肺移植、肺疾患合併例への治療の試み~. 第5回若松河田肺高血圧症研究会(東京), 2014年6月27日

  3. 吉藤 元. 自己免疫による関節疾患と筋疾患 - 多発性筋炎・皮膚筋炎を中心に -. 第12回びわこリウマチと免疫セミナー(草津), 2015年3月7日

  4. 吉藤 元. 自己免疫による関節疾患と筋疾患 - 関節リウマチを中心に -. 京大連携わかさセミナー(小浜), 2015年3月23日

  5. 吉藤 元. CTD-PAHへの診療科連携による治療 ~免疫抑制治療と肺血管拡張治療の見極め~. 佐久エリアPH診療における診療科連携を考える会(佐久), 2015年7月13日

  6. 吉藤 元. 抗ARS抗体陽性の間質性肺炎. 第25回香川びまん性肺疾患研究会(高松), 2016年10月15日

  7. 吉藤 元. 大型血管炎の基礎と臨床. 第22回MPO研究会(京都), 2016年12月2日

  8. 吉藤 元. 全身性硬化症(強皮症)に伴う肺高血圧症. 第6回滋賀肺高血圧症フォーラム(草津), 2017年6月8日

  9. 吉藤 元. 高安動脈炎の臨床と基礎. 第68回湘南免疫疾患カンファランス(横浜), 2017年6月24日

  10. 吉藤 元. 大型血管炎の臨床とIL-6. 佐賀県IL-6研究会(佐賀), 2017年10月5日

  11. 吉藤 元. 大型血管炎の研究と診療. Meet the specialist(金沢), 2017年10月19日

  12. 吉藤 元. 大型血管炎の診療とトシリズマブ. The Upbeat Gathering of Autoimmunity Experts(博多), 2017年11月22日

  13. 吉藤 元. 高安動脈炎と巨細胞性動脈炎の基礎と臨床. 第3回若手膠原病セミナー(東京), 2017年12月8日

  14. 吉藤 元. 大型血管炎の診断と治療 -現場から-. 大型血管炎セミナー(京都), 2017年12月11日

  15. 吉藤 元. 大型血管炎の基礎研究と政策的研究. Hypertension and Vascular Conference(岡山), 2018年2月23日

  16. 吉藤 元. 大型血管炎の治療 -海外治験結果と診療具体例-. 大型血管炎フォーラム in 大分(別府), 2018年3月30日

  17. 吉藤 元. 高安動脈炎の研究と診療. 第26回近畿小児リウマチ・膠原病研究会(大阪), 2018年4月7日

  18. 吉藤 元. 高安動脈炎の遺伝子研究と臨床. 第10回KOCS小児リウマチ研究会(博多), 2018年5月26日

  19. 吉藤 元. 全身性硬化症(強皮症)に伴う肺高血圧症の治療. 第8回阪神肺高血圧症研究会(尼崎), 2018年6月1日

  20. 吉藤 元. 大型血管炎の基本と治療. 第62回京都循環器談話会(京都), 2018年6月9日

  21. 吉藤 元. 巨細胞性動脈炎の症状と治療. 伏見医師会ランチョンセミナー(京都), 2018年6月15日

  22. 吉藤 元. CTD-PAHに対するステロイド・IVCY. 第3回名古屋膠原病セミナー(名古屋), 2018年7月11日

  23. 吉藤 元. CTD-PAHへのステロイド治療の具体例. PH Next Stage program 2018(東京), 2018年9月2日

  24. 吉藤 元. 大型血管炎の病態と治療. 福井県血管炎講演会(福井), 2018年9月13日

  25. 吉藤 元. 大型血管炎の病因と病態. 神奈川県内科医学会(横浜), 2018年11月14日

  26. 吉藤 元. 大型血管炎の病理・診断・治療. Vasculitis and Related Disorders研究会(奈良), 2018年11月14日

  27. 吉藤 元. 大型血管炎の症状と治療. 下京西部医師会生涯教育講演会(京都), 2019年1月17

  28. 吉藤 元. 高安動脈炎と巨細胞性動脈炎の異同と画像診断. New Clear Imaging Conference(大阪), 2019年1月19日

  29. 吉藤 元. 高安動脈炎の妊娠リスクと管理について. 広島大型血管炎セミナー(広島), 2019年1月25日

  30. 吉藤 元. PHに関わる自己抗体の解釈と膠原病の診断. 肺高血圧症治療管理講演会(大阪), 2019年2月2日

  31. 吉藤 元. 大型血管炎の従来治療と新治療 -免疫疾患の網羅的研究-. 膠原病セミナー(仙台), 2019年2月23日

  32. 吉藤 元. 非専門医のための膠原病の検査・診断 -PH合併例のみかた-. 香川県肺高血圧症連携セミナー(高松), 2019年2月23日

  33. 吉藤 元. 膠原病の疾患分類と肺高血圧症の治療.埼玉成人肺高血圧症セミナー(大宮), 2019年4月5日

  34. 吉藤 元. 大型血管炎の新しい治療. 京都内科医会定例学術講演会(京都), 2019年4月20日

  35. 吉藤 元. CTD-PAH -診断における注意点と病態-. 鹿児島PAH講演会(鹿児島), 2019719

  36. 吉藤 元. 高齢者の血管炎の病態と治療戦略. 高知膠原病・リウマチセミナー(高知), 20191024

  37. 吉藤 元. 膠原病合併肺高血圧症の病態と治療. 2回周南医療圏徳山医師会学術講演会(徳山), 20191031

  38. 吉藤 元. 膠原病合併肺高血圧症の治療 ~疾患概念の曖昧さを考える~. 6回湖北肺高血圧症フォーラム(米原), 20191121

  39. 吉藤 元. 【キーノートスピーチ】 SLEに対する臨床試験の問題点と今後の方向性. SLE Seminar in Kyoto(京都). 20191213

  40. 吉藤 元EGPAの基礎・病態・治療. GSK EGPA Web Seminar(全国). 20191225

  41. 吉藤 元.大型血管炎の最新情報. 東近江リウマチ腎連携の会(近江八幡). 2020123

  42. 吉藤 元ANCA関連血管炎の病因と診療. 5回熊本膠原病・リウマチ診療カンファレンス(熊本). 202024

  43. 吉藤 元EGPAの鑑別疾患と治療. GSK EGPA Webセミナー(オンライン). 2020717
  44. 吉藤 元.巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)の病態とIL-6阻害薬アクテムラの有効性巨細胞性動脈炎Webセミナー(オンライン). 2020813
患者会・市民向け講演
  1. 吉藤 元. 膠原病の検査について, 膠原病医療講演会・交流会(大津), 2011年7月9日

  2. 吉藤 元. 高安病についてのレクチャー. あけぼの会・医療講演会(福岡), 2012年9月17日

  3. 吉藤 元. 高安動脈炎の原因解明に向けて. あけぼの会総会(京都), 2013年11月30日

  4. 吉藤 元. 全身性自己免疫疾患の遺伝子研究について. HORP・医療講演会(東京), 2014年2月2日

  5. 吉藤 元. 全身性自己免疫疾患の遺伝子研究について. HORP・医療講演会(大阪), 2014年3月2日

  6. 吉藤 元. 研究報告と勉強会(お薬について). あけぼの会東京支部(東京), 2014年5月11日

  7. 吉藤 元. 自己免疫のメカニズムと膠原病の治療薬について. 膠原病友の会京都支部(京都). 2014年5月24日

  8. 吉藤 元. 再発性多発軟骨炎遺伝子研究の中間報告. HORP総会・医療講演会(東京), 2015年7月5日

  9. 吉藤 元. 高安動脈炎って、どんな病気? ~薬のあれこれ・各地の採血・研究の今~. あけぼの会・講演会(名古屋), 2015年12月13日

  10. 吉藤 元. 高安動脈炎の治療法改良を目指して -遺伝子研究成果からのアプローチ-. Open Discussion for Orphan Drug Discovery 2015(東京). 2015年12月19日

  11. 吉藤 元. 膠原病治療の最新情報・治療薬について. 膠原病友の会・医療講演会(大津), 2016年6月25日

  12. 吉藤 元. 再発性多発軟骨炎遺伝子研究の中間報告II. HORP総会・医療講演会(大阪), 2016年7月10日

  13. 吉藤 元. 高安動脈炎の症状と治療.あけぼの会・講演会(京都), 2016年11月5日

  14. 吉藤 元. 【基調講演】 現場の最前線から ~診療・研究・開発の現場から~. Rare Disease Day 2017 in Tokyo(東京), 2017年2月28日

  15. 吉藤 元. トシリズマブ(アクテムラ®)の高安動脈炎への適応拡大. 第15回あけぼの会総会(京都), 2017年11月19日

  16. 吉藤 元. 希少疾患の遺伝子研究アプローチ. 東京大学REASE研究会(東京), 2017年11月25日

  17. 慶元 まさ美, 吉藤 元. 大型血管炎(高安動脈炎、巨細胞性動脈炎)の疾患啓発活動. ニッポン放送・ラジオ・チャリティー・ミュージックソン, ラジオ大阪・慶元まさ美のハッピーモーニング, 2017年12月25日(録音出演)

  18. 吉藤 元. 希少疾患の診療と研究アプローチ 〜現場の最前線から~. Rare Disease Day 2019 in 大阪明星学園 プレ講演会(京都), 2018年11月2日

主な科学研究費等の採択状況
  1. 【科研費】 若手研究(B) 2006年度~2007年度 「多発性筋炎・皮膚筋炎モデルを用いた筋炎病態解析とプロテアーゼ制御による治療法開発」 研究代表者 340万円(直接経費)

  2. 【科研費】 若手研究(B) 2011年度~2013年年度 「改良型モデル抗DNA抗体ノックイン・マウスにおける自己反応性B細胞制御メカニズム」 研究代表者 310万円(直接経費)

  3. 【その他】 日本リウマチ財団・リウマチ性疾患調査・研究助成 2012年度 「新規SLEモデルマウス『抗DNA抗体ノックイン・マウス』におけるBAFF動態の解析と制御」 研究代表者 100万円

  4. 【その他】 京都大学大学院医学研究科・次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点・共同研究グラント 2012年度 「自己免疫疾患患者の組織及び血液を用いた治療標的及びバイオマーカーの探索」 研究代表者 1,000万円

  5. 【その他】 京都大学大学院医学研究科・次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点・共同研究グラント 2012年度 「全身性エリテマトーデス患者における薬剤感受性、再燃、重症化に関与する末梢血免疫異常の検索」 研究代表者 500万円

  6. 【科研費】 基盤研究(C) 2013年度~2015年度 「腎炎発症モデル抗DNA抗体遺伝子ノックイン・マウスへの特異的治療アプローチ」 研究代表者 390万円(直接経費)

  7. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2013年度 「難治性血管炎に関する調査研究」(研究代表者:槇野 博史) 研究協力者 12万円(直接経費)

  8. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2014年度 「難治性血管炎に関する調査研究26070201」(研究代表者:有村 義宏) 研究分担者 40万円(直接経費)

  9. 【厚生労働科研費】 難治性疾患等実用化研究事業 2014年度 「IgG4関連疾患の病因病態解明と新規治療法確立に関する研究26310401」(研究代表者:三森 経世) 研究分担者 80万円

  10. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2014年度 「再発性多発軟骨炎の診断と治療体系の確立」(研究代表者:鈴木 登) 研究協力者 30万円(直接経費)

  11. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2015年度 「難治性血管炎に関する調査研究(一般-0441)」(研究代表者:有村 義宏) 研究分担者 30万円(直接経費)

  12. 【AMED】 難治性疾患等実用化研究事業 2015年度 「IgG4関連疾患の病因病態解明と新規治療法確立に関する研究」(研究代表者:三森 経世) 研究分担者 100万円(直接経費769,231円、間接経費230,769円)

  13. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2016年度 「難治性血管炎に関する調査研究(一般-0441)」(研究代表者:有村 義宏) 研究分担者 25万円(直接経費)

  14. 【AMED】 難治性疾患等実用化研究事業 2016年度 「IgG4関連疾患の病因病態解明と新規治療法確立に関する研究」(研究代表者:三森 経世) 研究分担者 100万円(直接経費769,231円、間接経費230,769円)

  15. 【科研費】 基盤研究(C) 2017年度~2019年度 「高安動脈炎の病因解明と治療法改良への遺伝子研究成果からのアプローチ」 研究代表者 360万円(直接経費)

  16. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2017年度 「難治性血管炎に関する調査研究(一般-018)」(研究代表者:針谷 正祥) 研究分担者 80,000円(直接経費)

  17. 【AMED】 難治性疾患等実用化研究事業 2017年度 「IgG4関連疾患の新規バイオマーカーと治療ターゲット開発に関する研究」(研究代表者:三森 経世) 研究分担者 2,210,000円(直接経費1,700,000円、間接経費510,000円)

  18. 【AMED】 難治性疾患等実用化研究事業 2017年度 「ゲノム・転写物・代謝物を融合した統合オミックス解析による稀少難治性疾患の病態解明」(研究代表者:松田 文彦) 研究分担者 1,500,001円(直接経費1,153,847円、間接経費346,154円)

  19. 【寄附金(公募、審査あり)】 帝人ファーマ㈱ 医学・薬学に関する研究活動への支援 2017年度 「血管炎症候群のバイオマーカーに関する研究」 研究代表者 200,000円

  20. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2018年度 「難治性血管炎に関する調査研究(一般-018)」(研究代表者:針谷 正祥) 研究分担者 140,000円(直接経費)

  21. 【AMED】 難治性疾患等実用化研究事業 2018年度 「IgG4関連疾患の新規バイオマーカーと治療ターゲット開発に関する研究」(研究代表者:三森 経世) 研究分担者 2,210,000円(直接経費1,700,000円、間接経費510,000円)

  22. 【AMED】 難治性疾患等実用化研究事業 2018年度 「ゲノム・転写物・代謝物を融合した統合オミックス解析による稀少難治性疾患の病態解明」(研究代表者:松田 文彦) 研究分担者 1,500,001円(直接経費1,153,847円、間接経費346,154円)

  23. 【寄附金(公募、審査あり)】 帝人ファーマ㈱ 医学・薬学に関する研究活動への支援 2018年度 「IgG4ノックインマウスを用いたIgG4機能解析」 研究代表 200,000円

  24. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2019年度 「難治性血管炎に関する調査研究(一般-018)」(研究代表者:針谷 正祥) 研究分担者 175,120円(直接経費)

  25. 【AMED】 難治性疾患等実用化研究事業 2019年度 「IgG4関連疾患の新規バイオマーカーと治療ターゲット開発に関する研究」(研究代表者:三森 経世) 研究分担者 2,210,000円(直接経費1,700,000円、間接経費510,000円)

  26. 【AMED】 難治性疾患等実用化研究事業 2019年度 「ゲノム・転写物・代謝物を融合した統合オミックス解析による稀少難治性疾患の病態解明」(研究代表者:松田 文彦) 研究分担者 850,000円(直接経費653,846円、間接経費196,154円)

  27. 【AMED】 臨床研究・治験推進研究事業 2019年度 「トシリズマブ効果不十分の特発性多中心性キャッスルマン病に対するシロリムスの医師主導治験」(研究代表者:川上 純) 研究分担者 1,000,000円(直接経費769,231円、間接経費230,769円)

  28. 【寄附金(公募、審査あり)】 帝人ファーマ㈱ 医学・薬学に関する研究活動への支援 2019年度 「再発性多発軟骨炎の自己抗体および末梢血プロファイルの解析」 研究代表者 150,000

  29. 【科研費】 基盤研究(C) 2020年度~2022年度 「IgG4関連疾患モデル「ヒトIgG4ノックインマウス」の改良と各薬剤の有効性検討」 研究代表者 3,300,000円(直接経費)

  30. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2020年度 「難治性血管炎に関する調査研究(一般-018)」(研究代表者:針谷 正祥) 研究分担者 額未定

  31. 【厚生労働科研費】 難治性疾患政策研究事業 2020年度 「IgG4 関連疾患の診断基準並びに診療指針の確立を目指す研究」(研究代表者:中村 誠司) 研究分担者 額未定

  32. 【厚生労働科研費】 臨床研究・治験推進研究事業 2020年度 「難治性・希少免疫疾患におけるアンメットニーズの把握とその解決に向けた研究」(研究代表者:宮前 多佳子) 研究分担者 額未定

  33. 【AMED】 臨床研究・治験推進研究事業 2020年度 「トシリズマブ効果不十分の特発性多中心性キャッスルマン病に対するシロリムスの医師主導治験」(研究代表者:川上 純) 研究分担者 額未定

  34. 【寄附金(公募、審査あり)】 帝人ファーマ㈱ 医学・薬学に関する研究活動への支援 2020年度 「キャッスルマン病とTAFRO症候群の自己抗体解析」 研究代表者 100,000

 

ページトップへ